早漏の薬はどうして早漏に効くのかを詳しく知る

早漏で悩んでいるという男性は多いのではないでしょうか。デリケートな問題なため、誰にも相談することが出来ませんし、対応している医療機関もそうはありません。ほとんどの人が悩んだまま生活していることになります。しかし、そのままにしておくと大好きな彼女との性交渉が楽しめないだけでなく、お互いの気持ちにすれ違いが生じるようになり、関係が悪化することも考えられます。性交渉の経験が浅い場合には経験を積むことで改善されたり、ストレスなどの精神的な問題なのであればそのストレスを改善すれば早漏の回復が期待できます。それでも早漏が治らない人には薬が適応になります。
射精は脳のノルアドレナリンとセロトニンという脳内伝達物質によって調節が行なわれています。早漏の人は性交渉の際にノルアドレナリンが多く分泌され、セロトニンの分泌が少ないことがわかっています。ノルアドレナリンは射精を誘発し、セロトニンは興奮を抑える働きのため、結果として射精が早くなってしまうのです。薬にはセロトニンを増やす効果があり、脳内の命令を正常化することによって過剰な興奮を抑えるようにしてくれます。セロトニンとノルアドレナリンが正常なバランスになると射精はおきにくくなり早漏は改善していきます。薬の臨床試験では射精までの時間を3倍から4倍に延長することが可能であることが証明されており、悩んでいる人には有効な手段ということが出来ます。
薬の処方は扱っている専門のクリニックを利用するか、個人輸入で海外から購入することが可能です。信頼できるのは医師の診察を受けてから利用する方法です。最初は専門のクリニックの先生に症状を相談し副作用がないように治療を行うことが大事です。

ページトップへ